本文へスキップ

男の一人暮らしであると便利な道具一覧

女の子に「キレイな部屋だね」と言われるために

男の一人暮らしで用意しておいた方が良い掃除用品があります。
掃除は面倒くさいと思うけど、誰かが遊びに来た時に部屋が汚いのは恥ずかしいですよ。

面倒になりがちな掃除を楽にする掃除用品を紹介したいと思います。


男の一人暮らしで用意したい掃除用品


女の子が遊びに来た時「汚い」と言われるより「キレイ」だねと思われた方が良いでしょう。
「不潔」と思われるだけで嫌われることも結構ありますからね…。

そうならないために僕が個人的にあると便利な掃除用品を紹介します。


クイックルワイパー

部屋がフローリングなら、モップがけと同じ要領でかけましょう。
床を滑らせるだけで良いので、簡単に掃除ができちゃいます。

掃除機をかけるのが面倒でも、これでサッと部屋を掃除してしまえば良いんです。
面倒なら洗面所などの目につかないところに集めたホコリと一緒においておけば…。


コロコロ

逆に部屋にカーペットを敷いているなら、コロコロが便利。
掃除機をいちいち出すのが嫌なら、とりあえずこれで床に落ちた髪の毛を掃除しておきましょう。

飲み会でお菓子をこぼしてしまった時も便利ですよ。


ウェットティッシュ(アルコール)

パソコンのキーボード、机を拭くときに便利です。
タオルで濡らして拭くよりも、一枚取り出して拭いた方が面倒くささを感じないと思います。

ガラス製のテーブルを拭くとき、ふきんを使うと繊維が残ります。
ウェットティッシュなら繊維が残りにくいので、拭いたのに汚らしいということはないでしょう。


消臭剤、芳香剤

掃除用具ではないですが、ニオイもホコリと一緒で気になるものです。
だから、部屋には消臭剤、トイレには芳香剤をおいといた方が良いでしょう。

僕のマメ知識ですが、
ニオイつまり嗅覚で感じることが人間の脳に最も記憶に残りやすいんだそうです。

「クサイ部屋」と思われてしまうと、誰も寄り付かなくなってしまうかもしれません。
親しい友人なら良いですが、女の子を始めて連れてくるとなると…
やっぱりおいた方が良いですね…。